2014年

6月

03日

アサザ

くるくるには、ビオトープが二つある。

一つは、もともとあった池を埋め戻してビオトープに変えたもの。

池とビオトープの大きな違いは、

人間が管理するもの vs 自然が管理するもの といったところか。

・・・といっても、暖かくなると、藻は成長するし、

アオコは大量発生するしで、大変。

やっぱり、水は流れてないと、汚れる。

澄んだバランスの良い環境にしてもらうために、植物と水中生物は必須。

植物の代表選手が、このアサザ。睡蓮を小型にしたような水生植物。

とにかく、よく増える。放っておくと、水面をすべて葉っぱで覆ってしまう。

だから、たまに、がばぁっと引っこ抜かれる。

メダカを暗黒の世界に閉じこめないためにも。可哀想だけど。

水面に黄色く咲く花は一日花。

午後には萎んでしまうので、見るなら二時ぐらいまでかな。