2014年

7月

27日

何の穴?

庭のあちこちに1㎝ぐらいの穴が空き始めた。

2年ぐらい前まで、長きにわたり自然に近い荒れ放題だった庭で、

安穏と生命の循環をしてきた蝉たちも、

現在はそこそこ人工的に管理整備された庭で、

自由を狭められ、また命を落としたりして、

その数を半減させたことだろう。

ともあれ、今年の夏も、

数えただけで、10個近い穴を発見した。

すべては夜に行われる。

僕が目にするのは、抜け殻と地面に空いた穴だけだ。

そして、耳に、うるさいほどの鳴き声。

夏本番。