2015年

3月

20日

名前を憶えるには?

 

キク科の花はとても多いので、

学名や英名を、そのままカタカナ表記にしてる場合が多い。

キクは英名だと、デ―ジ―。

学名だと、マム。

例えば、クリサンセマム。

その後に、ノースポールやら、ムルチコーレと付く。

で、写真は、オステオスペルマム(の、ロリポップシリーズ)。

車輪咲きの大好きな花。

とても目を惹く花だから、

「この花の名前は何て言うんですの?」とよく訊かれるけど、

憶えたハナから忘れてしまっていて、いつも答えられない。

そこで、思いついた。

いつもの連想ゲーム記憶法だ。

男に関係ある、ドイツ語の、ある下ネタワードを、

連想すると憶えやすい。

オス(雄)という言葉も、ついでに入ってるし(笑)。

この言葉、いまの若い子たちは知らないかな・・・

 

・・・と考えて、

一応、確認しなければと、

○○○○をネットで検索してみた。

すると、なんと開いた画面に、

この花が出てきた。

え―!?・・・合ってるじゃん!

偶然にも、そーゆー語源なんだって。

オステオってゆーのは、ギリシャ語で、「骨」という意味。

○○○○ってゆーのは、「種子」って意味。

・・・うん、そうだよな、

言われれば、種って意味だよな。合ってる。

種が骨のような形をしてる? 骨のように硬い?

そんな意味なのかな?

・・・う~ん、よくわからん。

 

まぁでも、これで、裏付けもありーで、

この花の名前をしっかり頭に叩き込むことができた。

皆さんも、オステオスペルマムは、こーやって記憶するといいよ。

これは、オススメです。

 

え?・・・いやだって?

エレガントな花のイメージが壊れるって?

逆に、これから言いにくくなったって?

 

あはははは。